健康

障害を回避するためのハンセン病の症状を知る

ハンセン病の症状は、最初は常に皮膚に白または赤の斑点があることで示されます。これらのパッチは軽度でかゆみや痛みはありませんが、しびれを引き起こします。

ハンセン病の症状としての斑点は、ひじによく見られます。さらに、頬骨(顔)、耳、または肩(体)の周りによく見られるパッチもあります。

ハンセン病の主な症状

ハンセン病患者の主な症状は次のとおりです。

  • 筋力低下を経験する
  • 手、腕、脚、足のしびれを経験する
  • 皮膚病変を経験する
  • 皮膚病変の結果としての触覚(しびれ)の低下

斑点の出現に加えて、ハンセン病の別の症状は、体のいくつかの部分に散在する赤い結節の出現です。

他の症状は、乾燥した感じの皮膚や、完全にまたは部分的に抜ける眉毛からも見られます。

ハンセン病の症状はしばしば無視されます

多くの人々はまだハンセン病の初期症状をまだ気にしないので無視することがよくあります。これらの初期症状を無視すると、ハンセン病は治療されないため、他の人にハンセン病を感染させるリスクが非常に高くなります。

ハンセン病の人は、呼吸器液の飛沫を介して細菌を感染させたり、壊れた皮膚を介して接触したりする可能性があります。

Kemkes.go.idページを立ち上げると、ハンセン病の人は、遅れて障害のある状態になって初めて医療施設に来ることがよくあります。

ハンセン病の症状が現れるまでの期間

ハンセン病の原因となる細菌は、繁殖が非常に遅いため、繁殖期間が長くなります。

世界保健機関(WHO)によると、この病気の平均潜伏期間は5年であり、感染の発症から最初の症状が現れるまでの時間を数えます。

症状の変化は1年以内に現れることがありますが、最大20年またはそれ以上かかることもあります。

ハンセン病とは何ですか?

ハンセン病はらい菌によって引き起こされる感染症です。この病気は主に皮膚、末梢神経、上気道粘膜、および目を攻撃します。

ハンセン病は薬で治すことができます。実際、早期に治療を受けることで、ハンセン病による障害の発生を防ぐことができます。

WHOによるハンセン病の分類

WHOは、影響を受ける皮膚領域の種類と数に基づいてハンセン病を分類します。

最初のカテゴリはpaucibacillaryです

このカテゴリは、5つ以下の病変の存在に基づいており、皮膚サンプルで細菌が検出されていません。

2番目のカテゴリは多細菌です

このカテゴリは、皮膚の塗抹標本で細菌が検出された5つ以上の病変、またはその両方の発見に基づいています。

インドネシアのハンセン病

今まで、インドネシアにはハンセン病から完全に解放されていない地域がまだいくつかあります。

これは、インドネシアのいくつかの地域でのハンセン病の蔓延は、依然として人口10,000人に1人以上であることを意味します。それらの地域のいくつかは、東ジャワ、スラウェシ、パプア、西パプア、マルク、北マルクです。

参考までに、インドネシアのハンセン病の有病率は現在、人口10,000人あたり0.71人で、合計18,248人が登録されています。

kemkes.go.idページを立ち上げると、ハンセン病薬は政府から無料で提供されています。現在必要なのは、治療を受ける際の動機付けと家族のサポート、および患者のコンプライアンスです。

ハンセン病の症状について質問がある場合は、24時間年中無休のサービスでグッドドクターを通じて相談するために私たちの医師と直接チャットしてください。私たちの医師のパートナーは、ソリューションを提供する準備ができています。さあ、ここからグッドドクターアプリケーションをダウンロードしてください!